名古屋でPRP治療の名医がいるクリニック » 知っておきたい!とりたい顔のシワ対策 » 名古屋で首のPRP治療がおすすめのクリニック2選

名古屋で首のPRP治療がおすすめのクリニック2選

公開日: |最終更新日時:

目 次

名古屋でおすすめのPRP治療院2選

PRP治療の届け出を厚生労働省に提出している名古屋のクリニック26院のなかで、日本皮膚科学会皮膚科専門医が在籍しているクリニックは4院だけ。

その中でも、公式サイトで首のPRP治療について症例を掲載しているクリニックを紹介します。

SSクリニック

引用元:SSクリニック公式ホームページ(http://www.hifu-ss.com/)

・医師の紹介
柴田 真一 院長

平成6年岡山大学医学部卒業、名古屋大学医学部附属病院での経験を経て平成20年皮ふ科SSクリニック(現在 SSクリニック)開院。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本皮膚外科学会評議員、日本アンチエイジング外科美容再生研究会認定医。皮膚科学の知識を高度に応用し、長期にわたり美しさを保てるように治療を行っているドクターです。またSSクリニックでは、PRP治療に力を入れています。

・クリニックの特徴

自身の血液を遠心分離機で最適な条件で回転させることにより、赤血球と白血球、血小板が分離された状態にします。その後気になる首のしわ部分に麻酔クリームを塗布し、血小板を少しずつ注入します。注入後にはすぐにマッサージしてなじませていきます。

自分の血液を用いることからも、アレルギー反応などの不安も不要。ただし、自身の再生能力を使用することからゆっくりと効果が現れるとされています。

・口コミ

「しっかり患者を見て治療してくれる」

少し早口だけどしっかり説明してくれるし、こちらの話も聞いてくれます。先生1人でやられているので施術室と診察室を行ったり来たりしますが、テキトーとかではないですし、状態を見ながら治療してくれます。

引用元:Googleクチコミ(https://goo.gl/maps/YQzoa7NeoKDLeFEp6)
「気遣いが嬉しかったです」

緊張してたら看護師さんが手を握ってくれたり、麻酔も痛くないように冷やしたりしてくれて、手術してる時も先生が話しかけてくれて気が紛れて助かりました。

引用元:Googleクチコミ(https://goo.gl/maps/zFKdv7YiD7JKCuNR7)

・料金(特に首治療について)

下眼瞼
183,000円
ほうれい線
214,000円
280,000円
前額
247,000円
こめかみ
214,000円
PRP育毛
176,000円

・クリニック概要

所在地愛知県名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F
アクセスJR中央線「鶴舞駅」公園前出口より徒歩約2分、地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」6番出口より徒歩約2分
TEL052-332-7870

鶴舞公園クリニック

引用元:鶴舞公園クリニック公式ホームページ(https://tclinic.jp/)

・医師の紹介
深谷 元継 院長

昭和59年名古屋市立大学医学部卒業後、名古屋大学皮膚科にて勤務。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。特に高齢者の肌の若返りに力を入れています。どんな人でも「老い」はやってきますが、その中で少しでも長く若さを保ち続けたいと考えている人のサポートを行っています。

・クリニックの特徴

自分の血から取り出した血小板を首など気になる部分に注入することによって、若返りを測ろうとするPRP療法を手がけています。年齢によって皮膚が萎縮してしまい、首の毛嚢や汗腺が浮き出てくることでブツブツした質感が気になってしまっているという方もいます。これは、コラーゲンが不足することによってみられる状態ですが、この部分にPRPを注入することで神経芽細胞がコラーゲンを作り出すのをサポートしてあげることにより、ふっくらした首元になります。同院のホームページには、PRP法の症例なども掲載されています。

・口コミ

「優秀すぎて予約が取りにくいです」

とても優秀で素晴らしい先生です。ここまで予約が取れない先生は見たことがありません。それが全てを物語っています。

引用元:Googleクチコミ(https://goo.gl/maps/5jZwpKvtSYLGsx2N8)
「素晴らしい腕の持ち主の先生です」

私は関東から通ってます。スタッフさんは日によって優しい時もありますし忙しい時などはクールな対応ですが、施術前の麻酔時などには優しくトントンしてくれたりしますよ笑 研究熱心で素晴らしい腕の先生です。

引用元:Googleクチコミ(https://goo.gl/maps/PeMDT4pTugugu4419)

・料金(特に首治療について)

PRP療法
55,000円

・クリニック概要

所在地愛知県名古屋市中区千代田5丁目20-6
アクセス中央線「鶴舞駅」下車、名大病院口出口徒歩1分
TEL052-264-1212

首のしわをとる方法

首のしわも老けた印象を与える大きな要因になっていることをご存知でしょうか。首のしわは加齢ではっきりと表れてくることが多く、顔ではなく首をみて年齢を推測する、なんてこともあるようです。ですが、顔のエイジングケアは行なっていても首まではお手入れしていない……という人も少なくないのでは? そこで、首のしわを改善するために、おすすめの方法をいくつかピックアップしてみました。

ヨガ

しわができる原因のひとつが、筋力の低下。首のしわのアプローチには、筋肉(広頚筋)を鍛えるエクササイズが効果的とされています。なかでも注目はヨガの「猫のポーズ」。このポーズは、首元の筋肉をしっかりと伸ばしてしなやかにキープするのに大変適しています。

ヨガのポーズのなかでも比較的簡単にできますし、とくに毎朝起床時に行なうと、首から全身が目覚めてフレッシュな状態で一日をスタートできるそうです。

紫外線対策

しわを改善するには、皮膚の真皮層にあるコラーゲンの減少をできるだけ防ぐ必要があります。紫外線は皮膚の奥真皮層まで届き肌に大きなダメージを与え、コラーゲンの減少も誘発。夏の時期に限らず、ネックラインの紫外線対策の継続が重要になります。

ストールなどのアイテムを使って、オシャレを楽しみながら対策をしていくのも、続けやすいケアとしておすすめです。

スキンケア

首元もお肌のエイジングケアをしてあげるのがベストです。顔に使っている化粧水やクリームでケアをするのも有効ですが、より積極的なケアを考えているなら、医薬部外品のしわ改善に有効な成分「NEI-L1(ニールワン)」「純粋レチノール」「リンクルナイアシン」といったものが配合された、エイジングケア用の薬用化粧品でのお手入れがおすすめです。

マッサージ

首のリンパの流れが滞り、老廃物が溜まってしまうのも、首にしわをつくる要因となります。そこで取り入れたいのが、リンパの流れを良くするネックマッサージ。リンパの最終出口となる鎖骨に向かって、やさしく流れを促すようにさすっていくのがポイントです。寝る前に行うのがおすすめですが、マッサージ後に就寝する時は枕の高さに注意しましょう。高すぎて首の詰まりが起こると、せっかくのマッサージ効果がなくなってしまいます。

首のしわができる原因

首のしわができてしまう原因は、主に4つ。まず1つ目が、「広頚筋」というあご下から胸まで広範囲につながっている筋肉の衰えです。この筋肉は口角を引いた時に動く表情筋の一つで、背中が丸くなるとゆるんで垂れ下がってしまう特徴があります。

2つ目の原因は、肌の乾燥です。私たちの体の水分量は、加齢とともに自然と低下していきます。肌の潤い成分であるヒアルロン酸も、同じく加齢とともに減少していくので、気づかないうちに肌内部の乾燥は進んでいき、首のしわも徐々にはっきりと表れるようになります。

3つ目としては、ヒアルロン酸と同時に、肌にハリと弾力をもたらすコラーゲンが減少していることが挙げられます。皮膚がたるみを起こしやすくなり、しわがより目立ちやすくなるのです。

最後に挙げられる原因は、リンパの流れが滞っていることです。リンパの流れが滞ると代謝が悪くなり、肌のターンオーバーのサイクルが乱れて、古くなった肌細胞と新しい肌細胞の入れ替わりがなかなか行われなくなってしまいます。すると、首のしわも回復することなくそのまま定着してしまうのです。

自然な仕上がりでいま注目を集めるPRPという選択肢

お手入れが見過ごされがちの首のしわですが、美容クリニックでの施術を利用してしわにアプローチする方法もあります。美容クリニックでの施術メニューは複数ありますが、その中で今注目を集めているのが、再生医療であるPRP(多血小板血漿)療法です。

患者さんの自己血液を活用するこの施術は、現在数多くの美容クリニックで導入されており、自然な仕上がりで副作用の心配がほとんどない方法として提供されています。

PRPとは?

私たちの血液は、「赤血球」「白血球」「血小板」の有形成分と、「血漿」という液体で構成されています。PRP(多血小板血漿)とは、この血液を遠心分離にかけることによって抽出された、血小板の濃度を高めた濃縮物のことを指します。

このPRPにはさまざまな成長因子が放出される作用があり、注入することによってコラーゲンやヒアルロン酸を産生、組織の修復作用が働き、加齢によって衰えた組織を治そうとする自然治癒力を高めるとされています。

そのため、顔のしわなどのエイジングケアでの効果といった美容治療の他にも、スポーツ障害や変形性膝関節症などの整形治療・歯科治療・薄毛の治療など、幅広く利用されています。

PRPのメリット

PRP治療のメリットとして挙げられるのが、自分の血液を利用するためアレルギーなどの副作用の心配がほとんどない点と、効果の持続性が高い点です。

また、メスを使わず自分の内側から自然治癒力でエイジングケアを行っていきますので、自然な仕上がりが得られるだけではなく、年齢を選ばずに治療効果が得られるのも、PRP治療の大きなメリットと言えるでしょう。

PRPのデメリット

PRP治療のデメリットとしては、個々の血小板の能力に左右されやすく、人によって効果にばらつきが出てしまうという点です。このPRP治療は年齢を選ばずに受けることができますが、高齢の方は若い方に比べて、少し効果が小さい傾向があるそうです。その場合は、期間を空けて再注入を行うなどの治療が加えられるため、時間も余分にかかることになります。また注入の際に、内出血や赤み、腫れなどが起こる場合があります。これらの症状は、翌日~1週間程度で改善していくそうです。

参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/56/)

ヒアルロン酸やボトックスとの違い

美容クリニックでのしわ改善治療には、他にもヒアルロン酸注射やボトックス注入といった治療法があります。PRP治療が自己治癒力によって症状の改善にあたるのに対し、ヒアルロン酸注射はしわに直接ヒアルロン酸を注入することで、しわを物理的に埋めていく治療法です。即効性はありますが効果は半年程度と短めなのが特徴です。

ボトックス注入治療は、主に表情筋を弱めることでしわを改善していく方法です。そのため、首のしわにも効果が期待でき、ちりめん上のしわの改善にも使われていますが、こちらも効果の持続性はあまり高くなく、継続して施術を受ける必要があります。

PRPと首のしわとの相性

PRP療法は、顔のほとんどのしわを改善するのに効果を発揮します。もちろん首のしわとの相性もとても高く、自然な仕上がりが期待できます。効果が表れるまでには少し時間がかかりますが、その分効果が持続する時間も長く、短い期間で施術を繰り返す必要もほぼありません。

SELECTION
美しさ・上品さを
引き出す名医がいる
名古屋のPRP治療院3選
スクロールできます
SSクリニック うえだ皮膚科内科 名古屋エースクリニック
医師の情報 【柴田 真一院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・日本皮膚外科学会評議員
・アンチエイジング外科美容再生研究会 認定医
【上田 素子院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・抗加齢医学会専門医
【浅井 裕子医師】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
しわへの
対応と効果
細かいしわへの対応と効果
「W-PRP」で叶う
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)
閉じる
痛みへの
対策
痛みを最小限にする対策
「神経ブロック注射」で叶う
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。
閉じる
自然な
仕上がり
美しく自然な仕上がり
「術後のケア」で叶う
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。
閉じる

※【選定基準】PRP治療の届け出を厚生労働省に提出しているクリニック26院のなかで、日本皮膚科学会皮膚科専門医が在籍しているクリニック(2020年10月時点)。表の3つのポイントのいずれかを公式HPで言及しているクリニックに絞っています。
※【名医の定義】日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格を保有しているドクターを、当サイトでは名医と定義づけています。サイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、医師の実力を優位づけするものではありません。