鶴舞公園クリニック

公開日: |最終更新日時:

目 次

鶴舞公園クリニックの特徴

皮膚科&美容外科の鶴舞公園クリニックは、長生きできる現代において、少しでも長く若さを保ち続けたい、という人として当たり前の気持ちに応えるべく、肌の再生治療に力を入れているのが特徴のクリニックです。

どんなにお金があっても決して買うことができない「時間」の流れを、これまで培ってきた美容技術や実績・経験をもってほんの少しだけ戻したり、緩やかにさせることに、誇りと満足を感じながら日々施術にあたっているそうです。

鶴舞公園クリニックのPRP治療の特徴

鶴舞公園クリニックのPRP(多血小板血漿)療法で使用されるPRP液は、クリニックオリジナルの作成法でつくられているというのが、大きな特徴となっています。その結果、市販のキットを用いてPRP療法を行うよりも衛生的に施術を提供できるようになっているそうです。

鶴舞公園クリニックのPRP治療の料金

  • PRP療法…50,000円
    ※税表記なし。詳しい料金はクリニックにお問い合わせください

鶴舞公園クリニックの治療まとめ

細かいしわへの対応と効果の持続
痛みを最小限にする対策
美しく自然な仕上がりのためのケア

※細かいしわへの対応と効果の持続
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)

※痛みを最小限にする対策
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんですが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。

※美しく自然な仕上がりのためのケア
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。

名古屋でPRP治療の名医がいる
おすすめクリニック

鶴舞公園クリニックの口コミ

予約は至難の業です

先生いわく、受診された方が綺麗になるのが嬉しいとのこと。予約には至難の技ですが、私のようにキャンセルがうまくあったら予約できるので、皆さんも諦めずホムペを頻繁にチェックをオススメします。

参照元:Google検索の口コミ(https://www.google.com/search?q=鶴舞公園クリニック 口コミ&rlz=1C1GCEU_jaJP821JP821&oq=鶴舞公園クリニック 口コミ&aqs=chrome..69i57j0i8i30l3j0i5i30.5412j1j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x600370bed3994227:0xee3695d6a6d77a34,1,,,)

数か月先しか予約がとれない盛況ぶり

しみ、ほくろ取り放題は55000円(税込)でした。数ヶ月先の予約しか取れない盛況ぶりなのに、口コミの件数が少ない理由がわかりました。

引用元:Google検索の口コミ(https://www.google.com/search?q=鶴舞公園クリニック 口コミ&rlz=1C1GCEU_jaJP821JP821&oq=鶴舞公園クリニック 口コミ&aqs=chrome..69i57j0i8i30l3j0i5i30.5412j1j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x600370bed3994227:0xee3695d6a6d77a34,1,,,)

鶴舞公園クリニックの先生の情報

深谷元継院長

経歴

  • 昭和59年 名古屋市立大学医学部卒、医師免許取得
  • 昭和59-60年 同大第二内科研修医
  • 昭和61年 名古屋大学皮膚科医員
  • 昭和62-平成14年 国立名古屋病院皮膚科医師

所属学会・認定医

  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

鶴舞公園クリニックの概要

  • 所在地 愛知県名古屋市中区千代田5丁目20-6
  • アクセス JR中央線「鶴舞」駅下車、名大病院口出口徒歩1分、地下鉄鶴舞線「鶴舞」駅下車、2番出口徒歩5分、市バス栄18系統「鶴舞公園北口」下車徒歩1分、栄20系統「千代田5丁目」下車徒歩5分
  • TEL 052-264-0212
  • 診療時間 クリニックに直接お問い合わせください
  • 休診日 クリニックに直接お問い合わせください
SELECTION
美しさ・上品さを
引き出す名医がいる
名古屋のPRP治療院3選
スクロールできます
SSクリニック うえだ皮膚科内科 名古屋エースクリニック
医師の情報 【柴田 真一院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・日本皮膚外科学会評議員
・アンチエイジング外科美容再生研究会 認定医
【上田 素子院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・抗加齢医学会専門医
【浅井 裕子医師】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
しわへの
対応と効果
細かいしわへの対応と効果
「W-PRP」で叶う
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)
閉じる
痛みへの
対策
痛みを最小限にする対策
「神経ブロック注射」で叶う
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。
閉じる
自然な
仕上がり
美しく自然な仕上がり
「術後のケア」で叶う
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。
閉じる

※【選定基準】PRP治療の届け出を厚生労働省に提出しているクリニック26院のなかで、日本皮膚科学会皮膚科専門医が在籍しているクリニック(2020年10月時点)。表の3つのポイントのいずれかを公式HPで言及しているクリニックに絞っています。
※【名医の定義】日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格を保有しているドクターを、当サイトでは名医と定義づけています。サイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、医師の実力を優位づけするものではありません。