佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

公開日: |最終更新日時:

目 次

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの特徴

泌尿器科や皮膚科のほか、美容皮膚科・育毛治療なども取り扱っている名古屋の佐井泌尿器科・皮フ科クリニック。レーザーなどの機器による外側からの美しさはもちろん、漢方・点滴療法などを用いた内側からのエイジングケア治療を提供しています。

取り扱う施術は、すべて院長またはスタッフが体験したもののみ。痛みや苦痛をできるだけ取り除いた、患者に負担の少ない治療を心がけています。

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックのPRP治療の特徴

マイセルACR療法(自己多血小板血漿注入療法)と呼ばれるPRP治療を提供。とくに顔・眉間・眼の周り・ほうれい線・口周り・首・ニキビ跡に有効とされています。

効果が見られるのは施術後2週間が目安で、半年~1年ほど持続。ヒアルロン酸・コラーゲン注入のようにしこりになる心配が少なく、自然な仕上がりが期待できますが、治療効果の出方には個人差があります。

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックのPRP治療の料金

  • マイセルACR治療(1回4ml) 105,000円
    ※税込み

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの治療まとめ

細かいしわへの対応と効果の持続
痛みを最小限にする対策
美しく自然な仕上がりのためのケア

※細かいしわへの対応と効果の持続
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)

※痛みを最小限にする対策
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんですが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。

※美しく自然な仕上がりのためのケア
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。

名古屋でPRP治療の名医がいる
おすすめクリニック

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの口コミ

院長みずから診察してくれます

ストレスや生活習慣の乱れから、酷い肌荒れになってしまった時にこの病院を知りました。院長先生が自ら診てくださるのですが、まさにその先生自身がもの凄い美肌で、正直お若いとはいえないくらいの年齢でしょうが、ピッカピカのハリのある羨ましいとしか思えないような方でした。 院長先生の診察は言葉少なめですが、口調もやさしく的を得たことをおっしゃるので納得できます。 また看護師さん達も明るくて、親切な方ばかりです。 また病院全体が清潔感があり、とてもいい環境だと思います。

参照元:QLIFE(https://www.qlife.jp/kuchikomi_936239_48013)

医師もスタッフも親切です

平針駅近くの立地条件もあり予約制ではなく病院に来た順番なんで、かなり混む時間帯もあります。医師は勿論、受付や看護士の方々は親切に接してくれるので安心できます。

引用元:Googleの口コミ(https://www.google.co.jp/maps/place/佐井泌尿器科・皮フ科クリニック/@35.1225704,137.0048592,17z/data=!3m1!4b1!4m7!3m6!1s0x6003649174ed0c73:0x81b12175fe997fbb!8m2!3d35.1225704!4d137.0070479!9m1!1b1?hl=ja)

予算の範囲内で治療を選べました

頬にあった大きなシミをヤグレーザーで除去してもらいました。それほど濃いものではありませんでしたが(雀斑が合体して一つの大きなシミに見える)、顔の目立つところにあったので気にしておりました。まず診察があり、そこでどういった施術法でシミを取るかを決めて、次回の予約で実際にレーザー除去していただくという流れでした。診察の段階でいろんな方法を聞きましたが、高価な施術をすすめられるわけでもなく自分の予算の範囲で選べたのは良かったです。

参照元:caloo(https://caloo.jp/hospitals/detail/2232503930/reviews)

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの先生の情報

佐井 雄一院長

経歴

  • 1980年 杏林大学医学部卒業
  • 1984年 名古屋大学医学部大学院 医学研究科修了
  • 1984年 名古屋大学医学部泌尿器科 助手
  • 1984年 市立四日市病院泌尿器科 医員
  • 1987年 豊田会刈谷総合病院泌尿器科 医長
    同時期より名古屋市中村区の蔡皮膚泌尿器科で皮膚科を診療
  • 2001年 佐井泌尿器科・皮フ科クリニックを開院

所属学会・認定医

  • 日本泌尿器科学会 指導医・専門医
  • 日本東洋医学会  専門医
  • 日本皮膚科学会
  • 日本臨床カンナビノイド学会
  • 日本性機能学会
  • 日本排尿機能学会
  • 日本女性骨盤底医学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • 日本美容外科学会
  • 点滴療法研究会マスターズクラブ
  • 日本ACR研究会
  • 日本胎盤療法研究会
  • HARG療法認定医

佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの概要

  • 所在地 愛知県名古屋市天白区平針二丁目1906番地 KMビル2F
  • アクセス 地下鉄鶴舞腺「平針駅」より徒歩1分
  • TEL 052-847-3255
  • 診療時間 月~金:9:00~12:00・16:00~19:00、土:9:00~12:30
  • 休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日
SELECTION
美しさ・上品さを
引き出す名医がいる
名古屋のPRP治療院3選
スクロールできます
SSクリニック うえだ皮膚科内科 名古屋エースクリニック
医師の情報 【柴田 真一院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・日本皮膚外科学会評議員
・アンチエイジング外科美容再生研究会 認定医
【上田 素子院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・抗加齢医学会専門医
【浅井 裕子医師】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
しわへの
対応と効果
細かいしわへの対応と効果
「W-PRP」で叶う
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)
閉じる
痛みへの
対策
痛みを最小限にする対策
「神経ブロック注射」で叶う
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。
閉じる
自然な
仕上がり
美しく自然な仕上がり
「術後のケア」で叶う
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。
閉じる

※【選定基準】PRP治療の届け出を厚生労働省に提出しているクリニック26院のなかで、日本皮膚科学会皮膚科専門医が在籍しているクリニック(2020年10月時点)。表の3つのポイントのいずれかを公式HPで言及しているクリニックに絞っています。
※【名医の定義】日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格を保有しているドクターを、当サイトでは名医と定義づけています。サイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、医師の実力を優位づけするものではありません。