南クリニック名古屋

公開日: |最終更新日時:

目 次

南クリニック名古屋の特徴

南クリニックはプチ整形や美容皮膚科といった手軽に受けられるものから、本格的な美容整形手術まで幅広い治療メニューを取り揃えた、総合美容クリニックとして美容外科全般に取り組んでいます。

1997年の創業以来、とくに力を入れているのが豊胸施術で、「少ないダウンタイムでより大きな効果を」をモットーに実際の診療技術の見直しなどの取り組みもしています。

南クリニック名古屋のPRP治療の特徴

南クリニック名古屋で提供しているPRP治療は従来のPRP皮膚再生療法を改良し、効果と確実性を高めた「W-PRP-F皮膚再生療法」を行なっているのが特徴となっています。W-PRP-F皮膚再生療法では、従来よりも血小板の濃縮率を高め、さらに成長因子(サイトカイン)を加え作用と確実性を増強しているため、治療は基本的に1回で完了します。

南クリニック名古屋のPRP治療の料金

  • W-PRP-F皮膚再生療法(1か所)…80,000円
    ※税表記なし。詳しい料金はクリニックにお問い合わせください

南クリニック名古屋の治療まとめ

細かいしわへの対応と効果の持続
痛みを最小限にする対策 △(麻酔クリーム)
美しく自然な仕上がりのためのケア

※細かいしわへの対応と効果の持続
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)

※痛みを最小限にする対策
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんですが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。

※美しく自然な仕上がりのためのケア
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。

名古屋でPRP治療の名医がいる
おすすめクリニック

南クリニック名古屋の口コミ

アットホームな雰囲気が好きな方にはおすすめ。

南クリニック名古屋院は口コミが良かったので行ってみましたが、行ってみてすぐに思ったのが衛生面は大丈夫なのかな、ということ。キレイにはしているんですが、オペ室に簡単に入れてしまう点などちょっと心配。院長先生もざっくばらんな方で、クリニック全体がラフな感じ。アットホームな雰囲気が好きな人には合うと思います。

引用元:名古屋の美容外科口コミ・評判比較ナビ(http://www.biyouclinic-select.net/feature/minami-clinic.html)

実際の体験談がとても参考になりました!

先生は気さくな方で、私が緊張しているからか、冗談を言ったりして和ませてくれました。痩せたいけど、副作用やダウンタイムがないのか心配でしたが、先生自身が体験者とのことで、体験者しかわからない具体的な感覚を教えてもらえたり、受ける前の不安もわかってもらえて、すごく安心できました!

引用元:名古屋の美容外科口コミ・評判比較ナビ(http://www.biyouclinic-select.net/feature/minami-clinic.html)

何回もお世話になってます。

南クリニックでは、ヒアルロン酸注入、たるみとり、プチ整形でかなりお世話になっています。追加でお願いした時も、「ついで」といった感じで料金とられなかったです。(普通はありえないですよね?)

参照元:名古屋の美容外科口コミ・評判比較ナビ(http://www.biyouclinic-select.net/feature/minami-clinic.html)

南クリニック名古屋の先生の情報

朴哲浩院長(名古屋院)

経歴

  • 平成5年3月 ソウル大学医学部卒業
  • 平成8年6月 坂下病院
  • 平成9年10月 春日井市民病院
  • 平成12年10月 東海市民病院外科
  • 平成15年10月 大同病院外科
  • 平成18年7月 名古屋大学病院外科
  • 平成18年10月 南クリニック・名古屋

所属学会・認定医

  • 日本美容外科学会(JSAPS)
  • 日本形成外科学会
  • アメリカ美容外科学会
  • マニラ病院名誉顧問

南クリニック名古屋の概要

名古屋院

  • 所在地 名古屋市東区東桜1-10-35 セントラル野田ビル2F
  • アクセス テレビ塔真横 地下鉄「栄駅」「久屋大通駅」から歩いて1分
  • TEL 052-951-5855
  • 診療時間 10:00~19:00 予約制
  • 休診日 日曜
SELECTION
美しさ・上品さを
引き出す名医がいる
名古屋のPRP治療院3選
スクロールできます
SSクリニック うえだ皮膚科内科 名古屋エースクリニック
医師の情報 【柴田 真一院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・日本皮膚外科学会評議員
・アンチエイジング外科美容再生研究会 認定医
【上田 素子院長】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
・抗加齢医学会専門医
【浅井 裕子医師】
・日本皮膚科学会皮膚科専門医
しわへの
対応と効果
細かいしわへの対応と効果
「W-PRP」で叶う
従来のPRPよりも血小板の濃縮率を7~10倍に高め、浅いしわだけでなく目や口まわりのちりめんじわも治療が可能になったのが、W-PRPです。W-PRPの有効性は学会でも発表されており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)とヨーロッパ医療のCEマークも取得した血小板精製キットもあり、安全性にも配慮されています。
※参照元:SSクリニック公式HP(http://www.hifu-ss.com/column/contents/20191202120725413.pdf)
閉じる
痛みへの
対策
痛みを最小限にする対策
「神経ブロック注射」で叶う
PRP治療に際して麻酔クリームを採用しているクリニックは少なくありませんが、それだけでは痛みを抑えきれないのが実情です。痛みに敏感な方は、神経ブロック注射に注目してみましょう。筋肉や組織の緊張をゆるめ、痛みの原因物質を洗い流してくれるので、ほぼ無痛の状態で受けることができます。
閉じる
自然な
仕上がり
美しく自然な仕上がり
「術後のケア」で叶う
しわ治療で求めるのは、美しく自然な仕上がりでしょう。施術を行なう医師の腕前はもちろん大事ですが、美しさと自然さを求めるなら、注入後に肌のマッサージ等のケアを採用していることも欠かせません。しこりになるリスクを徹底的に排除する姿勢がうかがえます。
閉じる

※【選定基準】PRP治療の届け出を厚生労働省に提出しているクリニック26院のなかで、日本皮膚科学会皮膚科専門医が在籍しているクリニック(2020年10月時点)。表の3つのポイントのいずれかを公式HPで言及しているクリニックに絞っています。
※【名医の定義】日本皮膚科学会皮膚科専門医の資格を保有しているドクターを、当サイトでは名医と定義づけています。サイトにおける名医表記はあくまで上記の定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、医師の実力を優位づけするものではありません。